生理痛軽減のために飲むなら絶対知っておいて!ピルのデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性の敵、生理痛。

その症状は人それぞれですが、ひどい時には動くこともできなくなる場合もあります。

生理痛が来るのが嫌で、毎月の生理が憂鬱だという女性は多いでしょう。

そんな時に役立つのが、低用量ピルです。

そのメリット・デメリットを紹介していくので、使用を検討している方はぜひご覧になってみてください。

ピルの個人輸入におすすめ!

今までいろんな個人輸入代行サイトの価格や評判を調べてきた中で『おすすめできるサイト』をご紹介!

個人輸入は便利な反面、「ちゃんと届くかな?」「雑な対応をされたらどうしよう…」など、様々な不安がありますよね。

私が利用したまこと薬局は対応がとにかく丁寧で、利用者からの評判もとても良いので、安心して利用することができます。

人気のピルのお得なまとめ買いもできるので、ぜひ利用してみてください!

ピルは生理痛を和らげてくれる

ここで言うピルとは、低用量ピルを指します。

低用量ピルには、つらい生理痛を緩和してくれる作用があります。

また生理痛だけでなく、生理前に情緒不安定になったりイライラしたりする月経前症候群(PMS)にも効果的です。

避妊や生理不順にも効果あり

もちろん避妊にも効果的で、正しく服用していれば99%の確率で避妊ができると言われています。

他には生理周期を整えたり、肌荒れを改善する働きもありますし、子宮内膜症などの婦人病の治療にも使用されています。

ピルを使用する上でのデメリット2つ

とはいえ、ピルを服用することは必ずしもメリットばかりではありません。

使用前には、デメリットもしっかりと把握しておく必要があります。

吐き気などの副作用

薬に副作用はつきものですよね。

ピルの副作用としては、吐き気やだるさ、頭痛、不正出血、乳房の痛みなど。

いずれもピルを飲み始めた初期に起こる症状で、飲み続けることで体が慣れていき、次第に軽くなるそうです。

コスト面での負担

ピルだってタダで手に入るわけではありません。

長期的に服用を続けていれば金銭面への負担も大きくなります。

病院で処方してもらう場合

ピルを飲む場合は必ず最初に医師の診断を受け、自分に合った薬を処方してもらいましょう。

初回の診察料や検査料に3,000円~1万円程度、その後は1ヶ月分のピル代が2,000円~4,000円程度です。

自由診療なので保険が効かず、どうしても高額になってしまうのが悩みどころ。

個人輸入代行で購入する場合

個人輸入であれば、病院に行くよりは安く購入できます。

ピルの種類や利用するサイトにもよりますが、1ヶ月分でおよそ800円~2,000円程度。

かなり安く抑えられますね。

ただし個人輸入には偽物などのリスクも存在しますので、よく理解した上で購入することをおすすめします。

ピルで生理痛が軽減された人

では、実際にどれほど効果があるものなのか?気になりますよね。

ツイッターで実際の利用者の声を調べてみました。

超快適!感動の声

みなさんすごい絶賛ぶりです。

生理が楽になるだけで人生が変わってしまうほどとは驚きですね。

しかし、それだけ女性にとって生理の悩みは重要だということ。

生理痛だけでなく、PMSも軽減されるのは嬉しいですよね。

副作用に苦しむ人も

個人差はありますが、副作用が強く出てしまっている人も多いようです。

ただし薬との相性もありますので、薬を変えることで改善される可能性もあります。

まとめ

いかがでしたか?

ピルは怖いものというイメージを持たれがちですが、正しく使えば実はメリットの方が大きいのです。

ただ、使用感や合う薬には個人差がありますし、注意が必要な薬の飲み合わせや禁忌事項もあります。

まずは面倒でも医師に相談し、その上で個人輸入を利用するといいでしょう。

クーリングオフができるサイト

私が利用しているまこと薬局は商品到着から30日間無条件で返金に応じてくれます。

こちらの間違いで注文してしまったのにも関わらず、親切に対応してくれました。

他のサイトでは基本的に不良品などをのぞいて返品や返金はしてくれないので、はじめて個人輸入代行サイトを利用する方には心強いサイトです。

また、まこと薬局では人気のピルのまとめ買いも可能です!

個人輸入に不安のある方、ピルの購入を検討している方は、ぜひ利用してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*